桂林で漓江下り(2)

秋になるとキンモクセイ(中国名で桂花)が咲き乱れることから、桂林と
名づけられたそうです。

中国を代表する風景ともいえる桂林漓江を下る遊覧船は、竹江埠頭を午前に出航し、
終点の陽朔まで約60kmを4時間ほどかけて下ります。

漓江下りは評判通り、素晴らしい景観を呈しており、景観のハイライトは後半の
90分くらいです。途中昼食を済ませてから、船上に上がり景観を楽しみます。

これらの奇岩は、およそ3億年前、海底の石灰岩層が隆起し、それが陸地となって、
長い年月を経て、風雨に侵食され、形成されたとあります。

写真は漓江下りだけで、約470枚位シャッターを切っていました。
デジカメで良かった。

どれも同じような写真に見えますね。

c0044021_014987.jpg

c0044021_015191.jpg

c0044021_0161715.jpg


岸辺の様子:
水牛が水草を食べている、洗濯している女性、鵜飼い用の鵜・・・・・
c0044021_0163312.jpg

[PR]

by itsalon | 2007-09-30 00:21 | 風景  

<< 中国(桂林 広州 陽朔)で感じたこと 冠岩(大鍾乳洞) >>